Month: August 2019

Article list

ed

ED治療薬を飲んでもその効果を感じられないこともある

ED治療薬は服用するだけで、EDを解消できる画期的な薬として国内外問わず人気です。現在、様々なED治療薬が多くの医薬品メーカーで製造・販売されています。 薬の種類によって含まれる有効成分に違いはありますが、その大半がホスホジエステラーゼという酵素の働きを抑制し、勃起しやすい状態にするのが特徴的です。 男性器の勃起は細胞内にcGMPという物質が増え、この物質が血管を拡張させることで起こります。ホスホジエステラーゼという酵素は、血管を広げる作用を持つcGMPを壊してしまう物質です。 cGMPが壊れてしまう事で勃起力が低下しEDとなってしまうのですが、ED治療薬にはホスホジエステラーゼの働きを抑制する働きがあるので、体の中に取り込む事によって男性器の勃起を補助する効果を発揮します。 男性にとって大きな問題となるEDを改善出来るとして、ED治療薬は多く活用されていますが、服用すれば必ず効果を実感できるとは限りません。服用したとしても、ほとんど効き目を感じないというケースもあるので注意が必要です。 効果を実感出来ないケースとして挙げられるのが、「油分の影響」です。ED治療薬の中には腸から有効成分を吸収するタイプがあります。このタイプの薬は油分の影響を特に受けやすいのが特徴です。 腸から吸収するED治療薬は空腹時に服用するのがベストです。また、影響を受け難いと言われている薬も、できるだけ油分の少ないヘルシーなものを選ぶのがおすすめです。 揚げ物など油分ものは、有効成分の吸収を妨げる原因となります。ED治療薬を服用したい日は、油分の少ないヘルシーな料理にするのが良いでしょう。 また、飲酒も効果を落としてしまう原因となります。適度な量の飲酒であればアルコールのリラックス作用によって、EDを解消する効果も得られます。 ただ、飲み過ぎてしまうとかえってEDになりやすくなるので、ED治療薬を服用しても効果を実感出来ないケースがあるようです。 この他に、服用時間のタイミングが間違っているケースでも、効果を感じられない事があります。服用してすぐに効き目が現れるED治療薬もあれば、服用後数時間経たないと効果が出ない薬もあります。 服用するED治療薬の服用時間を事前に確認し、性交渉を行う時に効果が出るタイミングで飲むようにすれば、効果が感じられないという事を避けられるでしょう。 ED治療薬を飲んでも性的刺激が無い限り効果は出ない ED治療薬を服用したのに、あまり効果を実感できなかったというケースもあるようです。ED治療薬は国が効果・効能を認めた医薬品で、医師からの処方で購入するので効果が無いという事が腑に落ちないという方もいるでしょう。 EDを解消出来る薬という事もあり、人によっては催淫作用があるというイメージを持っているかもしれません。男性器が勃起するには性的刺激が必要です。 催淫作用の無いED治療薬を服用しても、性的刺激が無ければ勃起を補助する事は出来ません。性欲を増強させるような働きは無い薬ですので、性的な興奮を感じにくくなった、性的刺激が無いという場合はEDを解消する事は無理です。 精力剤や精力増強剤のような効果を求めて、ED治療薬を服用したいと考えている方もいるようですが、このような働きもしない薬です。服用した後、性的興奮や刺激が無いのにも関わらず、自然に勃起するという事はありえません。 ED治療薬によって効果が効き続ける時間には違いがありますが、性的刺激・興奮が無ければ勃起は収まっていきます。服用したのに効果が感じられないという方の中には、性的刺激や興奮が無いというケースも少なくないようです。 このような状態でEDを解消しないのは、ED治療薬に含まれる有効成分の正常な働きと言えます。ED治療薬はあくまで男性器の勃起をサポートする薬として、服用するようにしましょう。 催淫剤や精力剤、精力増強剤として服用せず、勃起の補助を目的とした医薬品という事を知っておけば、服用後に効果が感じられず夜の営みが上手くいかなかったという失敗を予防する事にも繋がります。医薬品という事を忘れずにED治療薬の効果を把握して、活用するようにしましょう。