Month: February 2019

Article list

ジェネリック

シアリスは安価なジェネリックも開発されてます

ED治療薬として非常に高い効果と人気を誇るシアリスですが、価格が非常に高いのがデメリットです。 シアリスを試したいと考えている人は多いですが、実際には薬価の高さから常用を躊躇してしまうケースがほとんどです。 このような理由から、シアリスはジェネリックを買うのがおすすめです。 シアリスはED治療薬の中でも比較的新しい薬であり、日本ではまだ特許が切れていないのでジェネリック版は開発が認められていません。 日本に限らず、国際特許も満了していないため、本来ならシアリスのジェネリックは存在しないはずです。 しかし、実はインドでは既にシアリスのジェネリックが販売されています。 メガリスやタダシップといった商品名がポピュラーですが、これ以外にも何種類ものジェネリックが開発されています。 このようにインドだけでシアリスのジェネリックが開発されているのは、インド独自の特許法に世界との違いがあるためです。 インドでは2005年まで特許というもの自体が法律で認められておらず、既に販売されていた様々な医薬品のジェネリックが開発されていました。 2005年に世界からの要請もあってやっと特許が導入されたのですが、それ以前に既に開発されていたジェネリックに関してはそのまま販売を続けることが認められました。 このような背景があり、本来ならまだ開発できないはずのシアリスのジェネリックが、現実には存在している状態になっています。 インドで認められているだけであって日本では承認を受けていないので、国内で処方してもらうことはできません。 どうしても欲しい場合はインドから個人輸入するしかなく、代行サイトを通じて注文すれば簡単に取り寄せが可能です。 シアリスは1錠2,000円することもある非常に高価な薬ですが、ジェネリックなら半額以下という安価で買うこともできます。 性行為のたびに高額の薬を使うわけにはいかないので、安く買えるジェネリックは非常に助かります。 そもそも何故ジェネリックなら安く買えるのかを知り、賢くED治療に役立てていきましょう。 ジェネリック医薬品は何故安く販売できる? ジェネリック医薬品は、いわゆる後発医薬品と呼ばれる種類の薬です。 最初に開発された本家の薬は先発医薬品と呼ばれ、開発するために莫大な研究費と長い年月をかけて販売までこぎつけています。 開発の難しい薬の場合、確かな効果を得て販売可能になるまで100億円以上もの費用が必要とされており、販売できた場合はそれを確実に回収して利益を出さなければなりません。 このため、先発品はどうしても価格が高くなりがちです。 成分や薬価自体はそれほど高くなくても、研究開発にかかった分の費用が上乗せされるため、シアリスのように1錠あたり2,000円と驚くような価格の薬も存在します。 かけた費用をしっかり回収するために、開発した製薬会社はその薬に関して特許を取得します。 特許が認められる限りは、その薬に関するあらゆる権利が特許取得者に帰属するため、他の製薬会社が真似をして似た薬を作ることはできません。 しかし特許には一定の期間が設けられており、十分に利益を回収できる期間を過ぎると特許が切れます。 基本的に特許が切れれば開発会社の権利は無くなるので、他の会社が製造方法などを真似て全く同じ効果を持つ薬を作ることが可能です。 これがジェネリック医薬品の仕組みで、ジェネリック医薬品のタダシップなども研究費をかけずにシアリスを真似て製造されています。 回収すべき利益もないので、最初から安い価格で売り出すことが可能です。 先発医薬品と有効成分の違いはないので、同じようにED改善効果を得ることができます。 内容が全く同じなので、もちろんジェネリックでも副作用には注意が必要です。 シアリスのように消化不良や顔のほてり、頭痛などの副作用が約3割の人に現れますが、いずれも軽症で済むことがほとんどです。 薬の成分が抜けていけば次第に解消されるので、過剰に心配する必要はありません。 コスパの良いジェネリック医薬品であるタダシップを半分に割って使う方法もあります。 半分にして飲むことで効果持続時間は半分になってしまいますが、必要な時間がわかっていれば半分の効果持続時間になっても問題が無いことが殆どなのでさらにコスパ良く使用することが出来るのでおすすめの方法です。

薬局

シアリスが処方できない人や併用禁忌について

シアリスは男性であれば誰で服用出来るとは限りません。場合によっては処方されないケースもあるので注意が必要です。 処方されないケースとしては、持病があるという場合はほとんどです。例えば、狭心症の治療を行っている場合は、処方されないケースが大半です。 狭心症の治療では硝酸剤の薬が処方されますが、この薬はシアリスと併用する事が出来ません。体調などに問題は無くても狭心症を治療している期間は、絶対にシアリスを服用しないようにしましょう。 狭心症の他に心臓の持病を抱えている方も、性行為自体が負担となるため処方されない場合があります。心血管系障害で医師から性行為を控えるよう、言われている場合も同じく服用出来ないようです。 この他に肝障害がある方や、網膜色素変性症を発症している方、以前シアリスを服用してアレルギー症状が出た方も、処方対象外となります。 また、高血圧や低血圧といった、血圧の持病を抱えている方も処方出来ない対象となります。総患者数は1,010万8,000人とも言われており、もはや国民病です。 高血圧くらいで服用出来ないのかと、不思議に感じる方もいるかもしれません。シアリスは血圧にも作用する薬という事もあり、高血圧・低血圧だと医師の判断によって処方されないケースがあるようです。 今現在、持病は無いけれど以前、心筋梗塞や脳梗塞、脳出血といった病気をした方も、シリアスの服用は危険があります。 最近3ヶ月以内に心筋梗塞を起こしたことのある方や、最近6ヶ月以内に脳梗塞・脳出血を起こしたことのある方には処方されません。 現在は持病も無く体調も良いと、医師に過去かかっていた病気の事を報告しないというケースも少なくありません。しかし、今現在は問題なくても前にかかった病気によって、シアリスの服用によって重篤な症状を起こす危険性があります。 服用すると命を失う危険性もあるため、シアリスを処方して欲しいという場合は、必ず持病の有無や過去にかかった病気、現在の体調などを必ず伝えましょう。 シアリスと飲み合わせてはいけない薬の種類とは? 持病があるという方は毎日、薬を飲んで治療をしているというケースも多いでしょう。実はシアリス、飲み合わせてはいけないという薬が存在しています。 他の薬で治療を行っているという方は、飲み合わせても良い薬かどうかを必ずチェックしておきましょう。 シアリスの併用禁忌薬として有名なのが硝酸剤です。硝酸剤は狭心症の治療に用いられる薬でシアリスと併用しては絶対にいけません。 硝酸剤は血圧を下げる効果があるのですが、シアリスも服用すると血圧を下げる効果を発揮します。 両方を飲んでしまうと通常よりも、血圧が過剰に下がってしまい場合によっては、ショック状態となり命を失う危険性も出てくるので硝酸剤配合の薬は併用禁忌薬となっています。 狭心症の治療に用いられる硝酸剤には内服薬の他にスプレーや貼り薬もありますが、どのタイプでも併用は禁止です。 硝酸剤の他に併用禁忌薬と言われているのが、慢性血栓塞栓性肺高血圧症の薬です。 慢性血栓塞栓性肺高血圧症の薬とシアリスを併用した場合、症候性低血圧を引き起こす恐れがあるとされています。 症候性低血圧は薬剤や病気によって血圧が下がる症状の事で、意識障害、四肢の痺れにショック状態などの症状が出るのが特徴です。 硝酸剤同様、慢性血栓塞栓性肺高血圧症の薬も、シアリスと併用すると危険な状態になってしまうのでNGです。 併用禁忌薬の他にも併用注意薬もあり、α遮断薬・降圧剤全般などが挙げられます。併用注意薬の場合は、注意をすればシアリスと併用する事も可能です。 シアリスの併用禁忌薬には他にも色々な種類があるので、普段から定期的に常用する薬がある場合は、必ず医師薬の種類を報告して相談するようにしましょう。