Month: December 2018

Article list

注意

シアリスには副作用があることにも注意

シアリスはペニス周辺の血管を拡張して血流を増やすことで勃起不全を改善します。血管を拡張する効果があるので、血圧と関係がある副作用が発症する場合があります。 シアリスの副作用としては頭痛や火照り、消化不良などが見られます。基本的に副作用は軽度ですが、心臓や脳などに疾患を抱えている場合には重くなることもあります。 頭痛や火照り、消化不良の他にも背痛や筋肉痛、めまい、鼻詰まり、動悸、下痢などが発症する場合も存在します。 また稀に眼痛や結膜炎、色覚異常が起こる場合もあります。軽度の副作用であれば大きな問題はありません。 血管を拡張するというシアリスの性質上、多少の副作用は容認する必要があります。しかし症状が重い場合には、服用を中止して医師に相談します。 一般的な勃起不全の治療薬は即効性があり、服用してから20分から1時間ほどで効果が現れます。シアリスの場合は遅効性があるため、効果が現れるのは服用してから3時間後です。 効果は24時間から36時間ほど続きます。一般的な治療薬では5時間から10時間ほどなので、持続時間が長いという特徴が存在します。 即効性がある医薬品では副作用が発症するのも早くなりますが、シアリスは遅効性があるので副作用があまり発症しません。基本的に性行為の3時間前に水で服用します。 アルコールで服用しても問題はありませんが、多量のアルコールを摂取すると酩酊状態になるため性行為が円滑にできなくなります。 少量のアルコールであれば気分をリラックスさせるためシアリスの効果を高めます。 シアリスの効果を高めるためには、空腹時の服用が理想的です。シアリスは遅効性があるため副作用が発症しづらいという性質を持ちます。 しかしグレープフルーツなどフラノクマリン酸を含む食品を摂取すると、過度にシアリスを吸収して副作用が強くなる可能性があるので注意が必要です。 基本的には副作用が発症する可能性が少ない医薬品なので、安全に使用できます。 シアリスはED治療薬の中でも副作用が起きづらい理由 シアリスは勃起不全の治療薬の中でも副作用が起こる可能性が少ないことで知られています。副作用がおきづらい理由は遅効性にあります。 シアリス以外の勃起不全の治療薬は、即効性があるので副作用も急速に現れます。しかしシアリスは服用してから効果が現れるまでに3時間ほどの時間が必要です。 効果はゆっくりと現れるので、副作用が急速に現れることはありません。シアリスを服用すると頭痛や火照り、消化不良などの副作用が起きる場合があります。 しかし基本的に症状は軽度なので、それほど気にする必要はありません。一般的に流通しているシアリスには10mgと20mgの錠剤が存在します。 10mgは服用してから24時間から30時間ほど効果が続き、20mgは30時間から36時間ほど続きます。 一旦シアリスを服用した場合には、次に服用するまでに24時間の間隔を空ける必要があります。前に服用したシアリスの効果が持続している場合でも、24時間の間隔を空ければ服用可能です。 効果の持続時間が長いので、服用のタイミングを気にする必要がないというメリットがあります。また効果はゆっくりと現れるので、副作用が急に現れる心配も不要です。 シアリスは勃起不全を治療する他の医薬品と比較すると、副作用が少ないという特徴があります。実際に副作用が発症するのは服用者の3割ほどとされます。 勃起不全を改善する基本的なメカニズムは、他の医薬品と同様です。そのため他の医薬品でも軽度の頭痛や火照り、消化不良、めまいや鼻詰まり、動悸などの症状が現れる場合があります。 どの医薬品でも副作用の可能性はありますが、なるべく頭痛などの副作用の発症を回避して長時間効果を持続させたい場合にはシアリスを選択するのが合理的です。